見せ方の違い|女性用AVの人気の秘密とは?女性のためのアダルトを知ろう!

見せ方の違い

ソファに置いたパソコン

男性用のAVで多いのはその作品において「いかにエロいか」「すごいプレイか」「女性がどのような反応をしているか」というのは重要視されています。
なのでその作品の見どころと言えば、局部のアップであったりテクニックや体位、もしくはその最中の女性のリアクションです。こういった部分こそ男性にとってはエロく、興奮するポイントなので作品のキモと言える描写です。
しかし、女性にとってそういったシーンとは、大した意味を持ちません。全く興奮しないというわけではありませんが、キモとは言えない部分なのは確かです。

では女性用AVではどういったことがメインになっているのかというと、ドラマ仕立てのその内容の中を見てみればよく見かける、男性がネクタイを締める手つきのアップ、たばこを持っている手など
日常のなかにある男性のさりげない仕草に焦点があたっていることに気づきます。
なによりも、その男性役のAV男優さんがイケメンであるという点にも納得の要因でしょう。少年らしさが残るあどけない顔に似合わない、鍛え抜かれたたくましい身体。そんな男優さんのことをエッチなイケメン…エロメンと言います。
そんなエロメンとのエッチシーンでは、男性のAVのようにテクニックや体位などで魅せるというよりは、女性を労わった気遣いや言葉での描写に重きを置いているのが分かります。
こういった内容に女性たちはメロメロとなり、私もこんな恋愛やエッチがしてみたい!という風に憧れるのです。